麻酔が進歩している

インプラント埋入手術は局所麻酔がほとんどなのでどのくらい痛い手術なのか、気になるでしょう。
麻酔技術の進歩で、インプラント埋入手術で痛さを心配する必要はありません。
手術部位には麻酔をしっかり効かせて本格的に手術を始めるためです。
術後、麻酔が切れてくると、腫れとともに痛みを感じることもあります。
痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みが続くことはまずないでしょう。
ブリッジや入れ歯に比べ、インプラントでは自分の歯に近い感じで噛めるので、歯が取れる心配をせずにガムを噛めるのも、また嬉しいですね。
ブリッジのように、上から人工歯をかぶせているのではなく歯根はねじのような形状で骨に埋め込まれており、歯が取れる心配をすることなく、安心してガムを噛めます。
インプラント全体も、ガムを噛むくらいでは何ともないくらい強いものでもあります。
もう、こわごわキシリトールガムを噛むこともないのです。
混同されることの多いインプラントと差し歯。
何が違うのでしょうか。
まず、差し歯は歯の土台が残っている場合にのみできる施術です。
歯や歯根の一部が残っている場合に、その上に金属の土台を埋め込むものです。
歯根を含めて歯が無くなってしまったところには、そもそも埋め込む先がないわけですから、使えないのです。
対して、インプラントは差し歯と異なり、チタンでできた人工の歯根を顎の骨の中に埋め込んで、その上に義歯を装着して固定するというものです。
歯を丸ごと抜いてしまった場合でも、施術が可能なのがインプラントの特長ということになります。
成功すれば満足感が大きいインプラント治療ですが、当然ながらデメリットもあります。
第一に、費用は他の歯科治療より高額です。
ケースによっては数十万円の負担になることもあり得ます。
また、治療の失敗内容によっては取り返しがつかない健康被害が起きるというのも、デメリットの一つです。
ごくまれなことですが、患者の死亡例も実際にあります。
インプラント治療を検討している方、大事なのは自分にとって一番良い治療をしてくれる歯科医を見つけることです。
治療に必要な技術を身につけていることはもちろんですが、手術前に行う検査や、治療方針をどうするか、アフターケアに至るまで全て歯科医の腕に任されているので差は大きいと断言できます。
この治療は、歯科医の技量が、治療成績を大きく左右する治療法だと言えます。
歯科医選びに全力を尽くすことが治療の成否を決めるのです。
インプラント治療を始める前には、これまでの歯科や口腔外科での病歴を見直し、インプラント埋入にあごの骨が耐えられるかどうか知る必要があります。
特に要注意なのは歯周病や顎関節症で、まずその治療を優先し、完治してからインプラント埋入に取りかかる問題が生じます。
また、美容整形であごの骨に手を加えた方も事故を引き起こす可能性が増します。
ただし、これらの既往症があってもインプラント治療ができないわけではないため歯科医とよく話し合うことを心がけましょう。
現状では、インプラント治療ができる歯科医院でも、全ての人に治療しているわけではなく検査の段階で断られることもあります。
ただ、「骨の厚みが足りない」や「あごの骨のサイズが足りず、インプラントを入れられない」であればもう少し粘ってみてください。
最新の設備を備えた歯科医院で、技術を持った歯科医にかかればかなり困難なケースでも治療は決して不可能ではありません。
現在可能な最先端の治療が受けられるかどうか、探すことが必要です。
厳しい条件をクリアしない限り、インプラント治療は保険適用になることはまずありません。
全額自己負担が普通ですが、医療費控除で払ったお金を取り戻すことはできます。
確定申告の一項目として、医療費控除は収入から医療費を控除されます。
確定申告で医療費控除を受けたい場合、歯科医でお金を払ったときにもらう領収書が医療費の支払い証明になるのでなくしたらおしまいのものとして暦年の1年分、しっかり取っておきましょう。
1年近くもかけてインプラントを定着させ、やっと歯のある日常が戻ってきたと思っても、それで終わりと思って油断するのは禁物です。
インプラントの状態を生涯にわたって保てるかどうかは、どうしても自分次第のところがあります。
歯磨きなどの口内ケアを歯科で指導してもらえるので、その通りのケアを心がけてください。
歯医者さん任せにせず、自宅で手入れするのが大切なのです。
加えて、自分の歯の神経ではなくなりますから、普通なら感じるような口内の違和感にも鈍感になりがちです。
ですから、必ず歯医者さんで言われた通りの頻度で検診に通いましょう。
インプラント治療はどのような流れかというと、3つのハードルを越えなければなりません。
まず、人工歯根をあごの骨に埋入します。
人工歯根があごの骨、及び周辺組織と結びつき、固まるのを待って、歯根と義歯の間をつなぐアタッチメントをつけ、義歯をかぶせれば使用可能です。
というのが大まかなプロセスです。
人工物を骨に埋め込むのですから、組織が歯根の周りにできて骨に定着するまでには時間がかかり、もちろん、いろいろなケースがありますが、2ヶ月くらいは最低でもかかり、長い場合は6ヶ月ほどかかるのが普通です。
インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに全部で3ヶ月から10ヶ月かかることを覚悟しましょう。
お世話になってるサイト⇒ステインで歯が汚れている

コメントする