このところ、妊娠中の女性にとって重要な効果をもたらす栄養素として「葉酸」が知られるようになってきました。

葉酸は、水溶性ビタミンの一種でビタミンB群に属している栄養素です。
妊娠中の十分な摂取によって、葉酸の摂取不足の場合に対して、胎児が神経系障害を発症するリスクが下げられたというデータがあるのです。
この効果について正式に発表を行った厚生労働省によると、0.4mg(1日当たり)を推奨値と定めました。
葉酸の摂取は、妊娠後出来るだけ早く摂取することが望ましいとされています。
赤ちゃんを授かったその時から、健やかな成長を促せるように、妊娠中の方はもちろんのこと、妊娠を計画されている方や妊活中の女性も、葉酸の摂取を心がけてみてください。
友達の話ですが、妊活中に漢方を服用していました。
彼女によると体質改善のために漢方を利用していると言っていました。
漢方であれば、妊娠中でも安全に服用できると思います。
漢方を続けていた彼女は、命を授かることが出来ました。
彼女が妊活を頑張っていたことを知っていたので、みんなでお祝いを計画しています。
流産を経験しています。
ずっと欲しかった子供でしたので、とても落ち込んでしまっていたのですが、夫や周りの方の支えがあり、私の場合は、流産から1年くらい経ってようやく、もう一度、チャレンジしてみようと妊娠を考えて行動するようになりました。
今回の妊活では体づくりにも注意しました。
冷え性を改善するために運動を始めてみました。
運動の最中はつらかったのですが、だんだんと楽しくなり、新陳代謝が良くなって低体温が改善し、基礎体温が上がったので困っていた冷え性が、ずっと良くなりました。
葉酸の過剰摂取による副作用は、不眠症や食欲不振や吐き気、むくみなどの症状です。
神経質になりがちな妊娠初期では、体のことを気遣うあまりに、過剰に葉酸を取ろうとしてしまいます。
そうした過剰摂取は副作用を発症する危険がありますから、気をつけましょう。
理想としては、1日3食の食事で葉酸を十分に摂取する事です。
しかし、毎食大量の野菜を食べ、その摂取量を考えるのも大変ですよね。
サプリメントであれば、一日の摂取量の目安がついてすぐに分かりますから、葉酸摂取にきちんと取り組もうとしている方には是非試してもらいたいですね。
妊娠を希望する方にとっては、どのような栄養を摂取し避けた方が良いのか知ることは大切ですよね。
食事内容はもちろん、よく飲むお茶の成分も、気になる方が多いのではないでしょうか。
妊活に効果が高いお茶としては、ルイボスティー・タンポポ茶の二つのお茶を良く耳にします。
こうしたお茶の特徴は、カフェインゼロだという事です。
ですからいつ妊娠してもおかしくない妊活中の女性にも、胎児の成長にも優しい、理想的な飲み物です。
ルイボスティーの常飲は、貧血予防になると報告されていますから、赤ちゃんを授かった後も、飲み続けるのがお勧めです。
少し前の話なのですが、友達と久しぶりに会った時に葉酸の話になって、その中でもサプリについての話で盛り上がりました。
一番良いのはどこだろうという話になって、その友達はベルタが販売している葉酸サプリが一番良いと、目をつけているようでした。
葉酸のサプリって、妊娠前から飲んでいると妊娠しやすい体になるし、赤ちゃんにも良いと雑誌で読んだことがあったので、友達にアドバイスしました。
やっぱり、友達が幸せだと私も嬉しいし、赤ちゃんを無事に出産してほしいと願っています。
葉酸が多く含まれている野菜についてですが、小松菜や菜の花、近年高い栄養価で有名になったモロヘイヤなど、いわゆる青菜のものが多いです。
病院の検査で妊娠が分かってから、出来るだけ早く、こうした野菜などで葉酸を摂取するようにすれば、赤ちゃんの先天的な脳異常の発生リスクを低減するそうです。
とはいえ、毎日たくさんの野菜を摂取するのは大変ですよね。
そんな時には他の食材で補っても構いません。
例えば納豆や貝類を食べるのを勧めたいものです。
一人目から6年経っても二人目ができず、不妊治療に通いました。
ひとりめが男の子だからか、夫は二人揃っての不妊治療は不要という考えで、一度言ったら気が乗らないふうだったので、私だけでタイミング療法を実施している病院に行きました。
月イチで3000円弱なので家計に影響ないところは良いのですが、妊娠できなくて、不妊を改善するという葉酸のサプリメントも取り入れました。
幸い、早々に二人目の妊娠が判明。
やったぁ!と思いました。
嬉しかったです。
熱によって失われやすい葉酸は、食べ物から摂取する場合、調理には注意してください。
それは、出来るだけ加熱を避けるという事ですね。
葉酸摂取を目的とする場合、野菜や果実などの、そのままで食べられる食材を選ぶのもポイントです。
とはいえ、加熱調理が避けられない場合には短時間の加熱で済ませられるようなメニューを選び、わずかな時間で済ませた方が、葉酸の流出が少なくて済みます。
こうした調理がめんどくさい、または自由に食事したい、と考えるならば、サプリによる葉酸摂取が一番簡単だと言えますね。
まだ妊娠できないと悩んでいるときは、基礎体温の管理から始めてみると良いでしょう。
基礎体温は運動などによる変化がありませんから、体の状態というのがよく分かり、妊娠につなげる手がかりとなるのです。
基礎体温計は小数点以下2ケタまで測れます。
変化の少ない朝(起きたとき)に測り、毎日続けるといったお約束がありますから、習慣的に続けていくことが大切ですが、時間もかからないので、すぐ慣れると思いますよ。
こちらもおすすめ>>>>>いつから効果的に葉酸サプリは使われているのでしょうか